2010/03/21

異なる向きのページを挿入する

Wordの文書中へ異なる向きのページを挿入する方法を紹介します。
異なる向きのページ挿入とは、縦ページの後に横ページを挿入したり、横ページの後に縦ページを挿入することを指します。
異なる向きのページを挿入するには、セクションを利用します。

※ 説明画面は、編集記号を表示した状態にしています([ホーム]タブの[段落]グループ内の[編集記号の表示/非表示]をオン)。

設定方法:
1) 異なる向きのページへ設定する直前にセクション区切りを挿入します(図 1)。
セクション区切りの挿入方法は、こちらを参照してください。
図 1

2) 異なる向きのページを設定したい箇所へカーソルを移動し、[ページ レイアウト]タブの[印刷の向き]を選択します(図 2)。
図 2

3) 縦ページから横ページに変更するため[横]を選択します(図 3)。
図 3

4) 選択している箇所以降がすべて横向きページに設定されました(図 4)。
図 4

5) 横向きページから縦向きページへ変更したい場合は、設定する直前に再度セクション区切りを挿入します(図 5)。
図 5

6) 縦向きページを設定したい箇所へカーソルを移動し、[ページ レイアウト]タブの[印刷の向き]から[縦]を選択します(図 6)。
図 6

7) 選択している箇所以降がすべて縦向きページに設定されました(図 7)
図 7

ページの向きはセクション毎に管理されるため、一部のページの向きを変更する場合は、上記のようにセクションを挿入する必要があります。
なお、一度設定したセクションを削除すると、後ろのセクション情報が反映されるため、意図せずにページの向きが変わってしまう場合があります。ですので、セクション削除前には、事前に後ろのセクション情報を確認しておくことをお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿