2010/04/08

Authoring Proを利用した図表と図表見出し
(図表見出しの挿入)

Authoring Proを利用して図表見出しの挿入と図表の挿入・貼り付けを行っていきます。
図表見出し(図表番号)を理解するには、以下を参照してください。
文書テンプレートを使った文書作成の図表を挿入する(図の挿入)図表を挿入する(表の挿入)では、図表の挿入⇒図表見出し(図表番号)の挿入の手順で行いましたが、Authoring Proを利用すれば図表と図表見出しの挿入を同時に行うことができます。
はじめに図表見出しのみを挿入する方法を説明します。

設定方法:
1) 図表見出しを設定したい段落へカーソルを移動し、図 1の赤枠から設定したい図表見出しを選択します(日本語用/英語用の図見出し、表見出し、付録見出しが選択可能)。
図 1

2) 選択している段落へ図表見出しが設定されます(図 2はそれぞれ日本語用/英語用の図見出し、表見出し、付録見出しを作成した例)。
図 2

Authoring Proで作成される図表見出しは、直前の見出しレベルに基づき作成されるため、図 2の場合、「2.3 ページ設定」に存在する日本語用図表見出しは、「図2.3-1」「図2.3-2」「図2.3-3」…の形式で作成され、「2.3.1 ページ設定詳細」に存在する英語用図表見出しは、「Figure 2.3.1-1」「Figure 2.3.1-2」「Figure 2.3.1-3」…の形式で作成されます。
続いての図と図見出しを同時に挿入する方法は次回に説明します。

0 件のコメント:

コメントを投稿